デイサービスの経営ならフランチャイズをフル活用!

ウーマン

なめられないために

男の人

広大な土地と資源を有する中国なら、大量の製品を輸入できるのは確かです。しかも、比較的低価格な商品を扱っている業者が多いので、低コストで必要な品が手に入る安くなるのは確かです。しかし、いざ中国輸入事業を開始すると、いろんな問題点が浮上します。特に、一番難しい問題なのが中国語です。中国語は英語同様に日本語と逆の文法で構成されています。しかも、発音に至るまで独自のものなので、習得難易度が高めです。さらに厄介なことに、広大な中国でも地方によっては方言というものが存在するので、現地の取引先企業によっては、方言訛りがきつくて会話が成立しないということも考えられます。言葉が通じないと、現地人はなめてかかってくるので粗悪な品ばかりをよこしてしまうでしょう。中国輸入でそのようなトラブルを未然に回避するには、代行業者を利用するのがおすすめです。中国輸入代行業者に所属しているスタッフのほとんどが、中国語に精通しているので問題なく現地人と会話ができます。現地人になめられる心配がなくなるので、品質的に問題のない品を送ってくれるのは確かです。それに、万が一取引先の現地企業とトラブルになってしまったら、中国輸入代行業者が間に入って対応してくれます。現地人の気質や対応方法を知り尽くしたスタッフばかりなので、安心して利用できるのは間違いありません。また、中国輸入代行業者は、価格交渉や検品に関することまでサポートしてくれます。幅広いサービスを遂行してくれる中国輸入代行業者なら、輸入事業に関しては強い味方になってくれるでしょう。